So-net無料ブログ作成

投薬の経緯 [病気]

投薬を開始してから、
最初の一週間は、アタフタだった。
マズルをつかんで、口を開けさせ、喉に入れるのなんて、
怖くて仕方がなかったし。
それより何よりも、ごろーに嫌われたくなかった。
チーズに埋め込んだら、チーズを食べなくなった。

二週間ぐらいして、
お互い覚悟ができたのか、
比較的スムーズに投薬できるようになった。
数秒で終了。
それでも、上手に吐き出したり(汗)、失敗もあった。

それでも一カ月、何とかやっていたんだが、「これではダメだ」。
私しか投薬できないようでは、
これから先、十年、乗り越えられない。

と、思い直して、
エサに乗せてみた(笑)。隠さず、乗せる(笑)。

これが、今、一番!!! 100%成功している。
手作りフードなら一緒に食べちゃうのだ。

なんとも不思議。

チーズや肉に埋め込んだときは、
全く、食事を食べなくなって、ボイコットしたのに。

フードに乗せるようになってから、二週間。
今後、ドライフードでも食べてくれたら、作戦成功だ。
あと、いかんせん、食の細い奴なので、
ご飯を食べない日があると、投薬できない。
そこをなんとかクリアしなければ。
今のところ、一回のご飯は満腹量はあげない、と決めている。
(満腹量は定かではないが・・・^^;)
エサの置きっぱなしもしない。

でも、一回ぐらい飲まなくても、問題はないでしょう。
そのくらいの気持ちでやらないと、十年は続かない。
人間側が必死の形相で追いかけまわし飲ませたら、
犬も「ひく」に違いない。

だって、相手は犬だもん。
「投薬」の意味なんて、分からない。
癲癇発作と薬の関係なんて理解しようもない。

「フードに乗った薬を自ら食べる → マズルをつかまれ投薬されない」
ってことをわかってくれると嬉しいのだが・・・



フードと一緒に食べるようになって、
さらに分からなくなったの、
「癲癇の薬って、本当にまずいのだろうか・・・???」ってことかな。
苦いから吐き出すと思っていたのだが、
それだと自ら食べることはあり得ないよな。
嫌いなものだと、ホント上手に避けて残すし(笑)

無理やり口に入れられた異物への当然の対応かな?








共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。